エマよりアンジェラのほうが人気があったので気になっていたストーリーをじっくりと楽しんだ。
せっかくキャラ引けたしね!



んで・・。





ここからはネタバレ。








image
話し合おうと言っているアンジェラに対して自分の都合だけを主張するエマ。
自分と村が置かれている状況も理解できないエマ。





image
自分が寂しかったときに話し相手だったからと言って勝手に幻獣を友達認定するエマ。



image
幻獣の本質が関係ないとか言い出すエマ。

闇の王が生んだ世界を滅ぼす兵器だと言っているのに友達とかいうけど、友達とか言う割に全然相手は言うことも聞いてくれず、勝手な思い込みだったことがあとから判明する痛いエマ。



image
この状況でまったく理解しようとせず、友達だから守るとかいうエマ。

それが世界を滅ぼす兵器で、実際にそれを証明して見せられても理解できない自分勝手なエマ。








イライライライライライラ!!!!


こいつなんなんだ!
ほんと、マジで頭悪いし、自分勝手だし、話は聞かないし。

つーかアンジェラもマジで状況わかってない。
なにが将の器だよ。
一歩間違ったら世界が滅んでたっつーのバカなのか。



それに引き換え

image
説明がわかりやすい上に、最初から最後まで嘘をついていなかったロイド。

謀略は行ったものの、信念に対して一直線だったロイド。


image
現在の状況を最も正しく把握していた唯一の男ロイド。

逆の状況で喚き散らして誰にも理解してもらえなかった光の王やらはここまでの信念はあったのだろうか。





image
戦況分析も正確に行えるロイド。


唯一、わけのわからない軍隊を呼んだことはバカだったが、それでも幻獣を倒さないといけないという思いから動いていたのでわからなくはない。


幻獣を兄からの命令だからとかいう理由でまともに自分で考えもせずに平気として持ち帰ろうとするアンジェラや自分だけの勝手な都合と押し付けの気持ちだけで世界を危機に陥れようとするエマとは全く違う。


ロイドのミスなんて、エマとアンジェラの勘違いと比べたらほんと些細なのに過ぎない。




今回、ロイドこそが真の主人公で、ロイドが世界の危機を救ったと言って間違いない。
エマとアンジェラは邪魔ばっかりしてたし、いいところもっていっただけ。





2018-04-12-00-43-43
2018-04-12-00-43-46
2018-04-12-00-43-48
2018-04-12-00-43-51
最期のムービーはFFシリースみたいでかっこよかったのでぜひ次回からもムービーは積極的に取り入れてほしいな。



ロイドはほんとに惜しい男だった。