※ネタバレ注意。














    













1ef9ee59-s










 うん、前編でいろいろ言ったけど。





アイリスがちゃんとしたね。








image
いろいろ言いたかったこともあったけどちゃんとしたからアイリス。
言うことないです。

ワールドエンドのストーリー、ゼロクロニクルの続きを期待していたのですが、ほぼ関係なかったのはちょーっとばっかり残念でしたが、ゼロクロニクルを超える大作に仕上がっていたのではないかなと思いました。

魔幻獣との戦い

これまでの大ボスである4体の魔幻獣との戦い。
読めた展開、王道、最高です。

image
それぞれが特徴をもっててデザインもかっこよかったし、4周年の集大成に向けた4つのイベントがここに集約されていくのが感じ取られて気持ちが昂ぶっていきました。


過去キャラの活躍

image
4つのストーリーで登場したキャラたちがそれぞれの個性を発揮しながら再登場。
エマは前半、物語の始まりとしてのキャラ。
アンジェラはその指揮力で活躍していました。
今回の物語の重さを考えてリリーとソアラが出なかったのは正解かも。
アレス3兄弟の絡みもまた見れました。
ルーファスの頭の良さや常識も良いスパイスになって、シェリルは一番の火力として活躍しました。
とても熱い展開でした。


ただ、マグリンがアレス3兄弟を助けたのは・・・あれも計画に支障が出るから助けたんでしょうけどあれだけはちょっとロイドらしくなかったような気がしなくもないかな。
ロイドなら3兄弟を見殺しにしつつうまく計画を進めてそうだけども。


物語の主人公エレノアと真の主人公グラハム

image
主人公とアイリスがやはり白猫の主人公。
エレノアは二人の居場所は奪わずに、かといって目立たないキャラに成り下がることもなく、今回のキーキャラみたいなポジでした。
彼女が一生懸命アイリスのことを思いやる姿にはとても感動させられました。

そしてもぅ一人の主人公で今回の真の主人公
image
グラハム。
いちいちかっこよかった。
ガチャででなかったのが残念だけど、でなくてよかったとも言える。

最初はボケたジジイだったのが嘘のような活躍っぷり。

主人公と戦ったり、自暴自棄になったり、そしてエレノアの棋士となって戦うところまで主人公以上に熱く生きてました。
本人はいちいち歳をアピールしてましたが、今回登場した男性陣の中で最も輝いていたのがグラハムだったと思います。







5つのイベントをつかって壮大な物語をちゃんと完結させてまとめ上げた今回のストーリー。
文章も変なところがなかったし、ロイドの台詞回しもめっちゃかっこよかったし、文句なく面白かったです。

最後ハッピーエンドとは言わないですけど、希望のある終わり方で終わった点は3周年とはまた違った後味を残してくれました。

image
今から5周年が楽しみになりましたw







だって、3周年からこの4周年までほとんど物語は進まなかったし!!!
そして4周年は壮大だったけど物語はすすんでないし!!
2周年の帝国と連邦の話もまっだまだ。
3周年のゼロクロニクルの続きもさっぱり!
4周年はこれで一応の完結っぽいですけどね。
ぜひ5周年に向けていろんなストーリーをまた進めていってほしいなと思いました。