白猫プロジェクトを運営するコロプラが提供している「パラレルニクスパンドラナイト」というソシャゲがサービス終了を発表しました。

相当金をかけて作ってあるような感じのゲームだったんですが、終了ですって。

ソシャゲにおいて最も怖いのは、投資した金額分遊ぶ前にサービスが終了してしまうことです。
廃課金するのもいいんですが、そのぶん遊び倒しておかないと、こうやっていつ終了するかわかりませんね。







というか、最近のゲームって開発に金をかけすぎじゃないですかね?
パズドラやモンスト、FGOの売上を夢見すぎなんですよ。
白猫の全盛期とかね。

普通に数万人のプレイヤーがいればなんとかなるように設計すればいいのに。
プレイヤーもそこまでソシャゲにハイクオリティは求めていないと思うんですよね。
サービスがすぐ終了する会社、というレッテルが貼られてしまうともう二度とまともに課金してもらえるようなことがなくなるので、ボクが遊んでいるゲームの会社の運営さんには頑張って欲しいと思いました。まる。