ボクはまだ初めて3カ月とちょっと。
しかし、この3か月で白猫は大きく変わってしまった。

ちょっと前に配布ジュエルが多くてどうやって利益出してるのだろう?みたいな記事を書いた。
今(6月7月)はそのころに比べると30%~50%ほど配布ジュエルが少なくなっているようだ。

今の白猫はそのへんのアプリと大して変わらない、ふつうのガチャ回収型アプリ。
前のような圧倒的な配布ジュエルで無課金でホクホクするようなゲームではなくなったようだね。

で、無課金で遊べるかっつったら遊べまくるにきまってる!
ただ、これまでと同じ感覚でいると今はきつく感じてしまうかもしんない。
実際ボクはきつくなって課金することになった。

これからの白猫は引くべきガチャを見極めていく必要があるようだ。




そこでこれまでのガチャの表を書いた。
ボクが始めたころからのガチャイベントと、その時の強力なキャラをちょっと。
分かりやすいようにスタート時の茶熊シャルロットを10点として書いていく。
インフレ具合を表現。
まあ点数自体は適当だから細かいのは突っ込まないで。




〇茶熊学園2016文化祭 3月中旬ごろ
 茶熊シャルロット10

〇茶熊学園2016修学旅行 4月初
 茶熊ツキミ25、茶熊イサミ11

●ヴァリアントストーリー 4月末
 パルメ50、エイジ10

〇フォースター19th 5月
 5~9

●花嫁ガチャ 5月末
 花嫁ヴィヴィ30、花嫁エクル25、花嫁ルウシェ22、花嫁メイリン20

〇ハンターハンターコラボ 6月初
 ヒソカ24、ネテロ22、ゴン22、レオリオ23

〇フォースター20th 6月下
 メリド22

●ネオンの$$$ 6月末
 ティナ60、ブラッド45

〇ソウルオブナイツ 7月中旬
 ディーン45、カレン30、クライヴ35、ジュダ50

〇真夏ガチャ 7月末
 エスメラルダ30(仮)~40?(仮)

そのうえで、ジュエルマネージメントを結果論から考察してみる。

★4キャラの出現確率

いろいろ調べたところ、★4キャラの出現率はだいたい10%前後になるようになっているみたい。
本当のところはわからないので、全てのガチャが★4出現率10%で、そのうえで各キャラに均等に確率を割り振られていると仮定すると。

別枠ガチャ★4が8体時
 1体あたり・・・1.25%

別枠ガチャ★4が9体時
 1体あたり・・・1.11%

これはわからないけどね。
ヴァリアントが増えてから★4は出やすくなったのか出にくくなったのか・・・。

フォースター&限定入替ガチャ16体時
 1体あたり・・・0.625%
フォースター&限定+ヴァリアント2体 計18体時
 1体あたり・・・0.55%

と、なる。
確実にこの通りではないだろうけど、感覚的には近しいものかもしれない。
1点狙いが恐ろしいものだということが良くわかる。


限定キャラを狙うべきなのか?

当然強いキャラが出ているガチャをピンポイントで狙うわけだけだ。
となると、限定キャラを狙うのが早いことは先ほどの表でも明らか。
けども、当たりの確率も考慮しないといけない。

例えばどう見ても狙うべきなパルメ。
しかし、この時はフォースター+ヴァリアント2体の18体ガチャ。
エイジが微妙だったのでほぼパルメ1点狙いとなってしまう。
そうすると確率は0.55%の確率。

必要期待値ジュエルは・・・4132ジュエル(計算適当)
結構必要だ・・・。

これがソウルオブナイツガチャだとすると、当たりを評価サイトを参考にディーン、ジュダ、カレン、シャルロットの4体にしたとする。
そうすると確率は1.11×4=4.44%の確率。

必要期待値ジュエルは511ジュエル(同)
パルメ1点狙いと比べれば相当少なく感じるよ。


このように、いくら強くとも必要なジュエルを考えると敬遠すべきガチャというのもあるかもしれないのだ。

ガチャイベントの期待値

それではここ3カ月くらいのガチャイベントの期待値を適当に計算してみる。
当たりキャラについてはボクが適当に考えたので人によっては違うだろう。


4月・・・配布ジュエル数3176個

〇茶熊学園ガチャ カズノコ組
当たり・・・シャルロット、カスミ、ミレイユ、ガレア

1体ゲットするのに必要なジュエル・・・455ジュエル
だいたい11連2回くらいひいて美味しい感じなのでこれは引いてよいかも。
ただ、ミレイユガレアあたりはあまり長生きできなかったし、無課金ならばイクラ組をみてから引いてもよかったと思われる。


〇茶熊学園ガチャ イクラ組
当たり・・・ツキミ、イサミ、ゲオルグ、マール

1体ゲットに必要なジュエルは455。
こちらにはこの後しばらく最強の座に君臨するツキミがいた。
カズノコとイクラは重なっていたので引くならイクラだったと思われる。
ただ、マールはどっちかというとサポートキャラなのでメインで戦えるキャラが欲しい場合は若干期待値が落ちる。

なので、この茶熊イベントはイクラ組にジュエルをちょっとぶっこめばいい感じだったのかな。
3176個も配られたのでどのキャラかは引けただろうし、期待値的には当たりキャラを1体は引ける可能性はすごく高く、全部使ったら5体以上そろう無課金の人も相当数いたと思われる。

この先配布が絞られることは予想できなかったのでこの時使いきった人がほとんどだろうけども。

次に。
〇ヴァリアントストーリー
当たり・・・パルメ

パルメ1点狙いはさっき出した4132ジュエル。
4月に配布された無料ジュエル数を超えており、5月の配布ジュエルを合わせて引かないと期待値を超えることはできなかった。
茶熊で全力した人たちは引けてないのではないかな。
しかし、パルメの長期政権を考えるとこれだけ突っ込んでもひけたなら勝利と言えなくはない。
点数も50点と、これまでのキャラの2倍ほどのまさしくぶっ壊れのキャラ。

でも、この長期政権になることは出た当時は予想しづらいものだったので思い切って突っ込むのは難しそうだ。

うーん、これは、引けるなら引きたいが、引けないのなら諦めてもいいかもなあ。
大きなわかれ道の一つ。


5月 配布ジュエル数・・・2773

〇フォースター+花嫁ガチャ
当たり・・・ヴィヴィ、エクル、ルウシェ

この3体に当たりを絞った場合。
期待値ジュエルは1212ジュエル。
大型のイベントが終わった月なのでジュエル数が先月に比べ大きく減っている。
この時期はまだまだ茶熊キャラも活躍できており、無理に引く必要はなかったかもしれない。
一応配布ジュエル内で限定1体はゲットできる計算なので1体狙っておいてもよかったか。

パルメを引いていた場合はスルー。
パルメもなく、茶熊ツキミもない場合はヴィヴィ狙いで引いてもよかったかもしれない。


6月 配布ジュエル数・・・1665個

〇ハンターハンターコラボ
あたり・・・ゴン、ネテロ、ヒソカ、レオリオ

5月に続いてさらに配布ジュエルが大幅減。
まだまだ配られるだろうと気を抜いてハンターコラボを引いたのはかなり痛い。

ここはここ最近で最も判断を要したところ。
すでに各職業の強いキャラを持っていた場合は引いてはいけないガチャ。
平均点が20点程度のガチャであり、当たりキャラも既存のキャラと大差なかった。
茶熊で勝利した人はここまでスルーすることもできたかもしれない。

逆にこれまで惨敗していた(もしくはうまくスルーしていた)場合は平均して強いキャラなので引くのもありだ。
しかし、結果としてはここは茶熊なり花嫁なりでしのいで、次の1億、2周年ガチャに備えるのが良かったのだと思われる。



〇ネオンの島の100億トライドル(1億)
あたり・・・ティナ、ファルファラ、ブラッド

全員これまでのキャラを大きく超える強キャラの限定。
現在(7月)まで最強レベルを保持し続けているキャラ達。

1体ゲットに必要なジュエル数は1212ジュエル。
実際はボクはここで4000ジュエルほどつかって2体ゲットしたので一体あたり2000ジュエルくらいだった。
やはりガチャなんですごく左右されるのは間違いない。
ここでティナを引けていた場合、現在まで一切のガチャを引く必要がなくなる。
そう考えると、ティナ1点狙いは3636ジュエルになるがそれでもお得なガチャだった。
パルメに続いて1点狙いの価値があったキャラ。



7月 配布ジュエル数・・・1662個

〇ソウルオブナイツ(2周年)
当たり・・・ディーン、ジュダ、カレン、シャルロット、クライヴ、リアム

どれもティナやファルファラを超えないもののこれまでのキャラを大きく超える平均点になっているガチャ。
どれも引けば最前戦で戦えるし当たり率が高い優秀なガチャ。
当たりが6体もあるのでどれか1体というのなら
必要ジュエル数は341個。

かなり少ないジュエルで当たりを1体引けるお得なガチャと言えるんじゃないだろうかこれ。
ここで引いたキャラを鍛えると★13の攻略に参加しやすくなる。
無理に限定を狙わずここであたりを1体狙うというのがもっとも賢いジュエルマネージメントだったかもしれない。
すでにティナやファルファラを引いていた場合は引かなくてよいガチャだ。


〇真夏のうらめしや
当たり・・・トモエ

現状モチーフがきていないため評価が難しい。
今のところ、どのキャラもソウルオブナイツと同じ、もしくはそれ以下のため無課金ならばガチャは控えるべきだろう。
もしかするとモチーフでおおばけする可能性もあるのでソウルオブナイツを引くべき!とも言えず、いまは様子見の時期といえそう。
モチーフが出た後にいろいろと調べてこのままの評価ならばコスパのよいソウルオブナイツを引くべきだ。




こうして考えると、毎回のガチャを狙わなければ十分配布ジュエルで期待値分は賄うことは可能だ。
当然当たりのなかでも格差があるので、上位の当たりを引けた場合は次のガチャをスルーする、などをすればより効率よくジュエルをためることができる。








というのは間違いだった。







武器ガチャの闇

そうだった。
コレ書いている途中完全に失念していた武器ガチャ。
武器がないとダメなキャラもいっぱいいるんだった。

たとえばパルメはモチーフがなかったらただの変態プリマだ。
逆にティナはモチーフなくても活躍は可能だ。


ジュエルを絞っている代わりにメモリアルソードはある程度配られている。
この中でモチーフを交換しておくべきだったキャラは

茶熊ツキミ、パルメ、ファルファラ

あたりか。
ツキミはモチーフあってのせん滅力、パルメはモチーフ必須。
ファルファラはフェイタンの傘があればいらないがそんなガチャは引いてない前提なのでモチーフは交換しておきたいところ。
ティナやディーンはモチーフでなくともなんとか活躍も可能。
ジュエルを温存したいのなら武器ガチャを引かない選択もできるキャラだ。


うん、まあそう考えると武器は交換があるからね。
メモリアルソードと合わせてうまく運用し交換するのは最も使える1体に絞りながら交換していけば何とかなる。
手持ちのキャラいっぱいに持たせようとか考えなければなんとかなる・・・・か?


白猫は無課金で遊べるか

長くなってきたのでまとめに入る。

結論としては十分に遊べそうだ。
ただし、ジュエルをどこに投入するかしっかりと見極める必要がある。
そのポイントをまとめたい。


1、ガチャは評価が固まってから引く
これが絶対。
評価サイトは上級者向けのものが多いがおおむね参考になる。
それらをしっかり吟味して(たまにボクのブログとか見て)平均的に高い点数になりそうなガチャを選んで引くことが重要だ。


2、長く使えるキャラを長く使う
これは当たり外れに左右されるけども。
花嫁ヴィヴィを引けた人はトライドルあたりまで、へたすりゃ今でも引かなくても何とかなっているはず。
たとえばパルメを引けた人はすくなくともトライドルあたりまでは新キャラ引かなくてもよかったかも。
ティナを引けた人は今回のソウルオブナイツも夏ガチャも必要ない。
などなど、常に最新キャラを狙わなければしばらくはガチャをしなくてもよく、ジュエルがたまる。


3、武器は必要なものを交換する
狙うのはとうぜん「いきなり★5」の時のみ。
つかうかもしれない、での交換はご法度で評価などをみて長く使って行けるキャラやモチーフが必須のキャラの武器だけを交換する。
基本は呪いの武器で代用。






wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




こんな修行僧みたいな遊び方して面白いわけないわねwwwwww
効率wwwww
最強キャラランキングwwwwww

引きたい時に引いて、きゃっきゃ言っているのが一番楽しいと思うので欲しいキャラいたらバンバン課金しちゃおうぜ!!!!!!

でも、ちょっとだけこういうの考えておくと無駄ジュエルを減らせるかもしれないかな
まあぜんぶ結果論での考えなので先のこともわからない状態では見極めるのはとても難しいね。