いよいよクライマックス(らしい)九条霊異記。
ここまできたから最後まで書こうと思う。


image
もうマジキチの域のツキミ。
どんだけお祈りするねん。

もういいよ。




image
なぜか祈りだすカスミ。
お前何してたんだ?

つーかカゲツはどこいった?




image
相変わらず意味不明な言葉をのたまうドウマ。

そしてその意味不明な言葉を理解するアイリス。
ボクは理解できんのだが。



image
image
まーーーーーーだ「あの子」とか言い出す二人。
いい加減にせいよ。

そして、前半ほぼ出てこなかった主人公がなぜか二人に光を与えて・・・ってご都合主義展開は別にいいんだが唐突にも程があるだろ!!!

そんな主人公絡ませる必要あるか??



image
 本当ならすごく盛り上がるはずの場面だろうが、こっちの気持ちはヒエヒエ。



そして、どこからか戻ってきた二人。
やたらと盛り上がっている雰囲気だが、なんで?
どうした?
大丈夫?
おっぱいもむ?


その他の連中はどうなんだろう?
記憶やらは戻ったのかい?




image
はい。

テンション最悪でクエストへ。


image
このステージはもう最初からわかりやすくシークレットも出ていた。



image
今回のラスボス?
新キャラと言うけどただのバフォメットの色違い登場。




image
どこがどう強いのかもわからないまま瞬殺。





image
シークレットの方も瞬殺。




まあキャラが強すぎるんだろうが流石にコレはないわ。
ソウルオブナイツのときのクエストのほうがまだやりがいがあったか。










やばいなあ・・・。
これ次で終わりのお話になるんじゃないのもしかして。

つづく。