クリスマスイベントもいよいよ最後。
image
あれ?分岐した。

いつも通り、数字の少ない方から攻略していく。






image
レザールの借りた劇場はたしかにデカイ。
つーかこんな広さのハコを無名の劇団が借りるとかありえないレベルだよね・・・。





テキパキと働くウォルター。
image
 え?

スピカさんという方をよく知らないのだけど、ウォルターさんが何か絡みがあったんだろうか。
スピカさん単体で受付に放置したらどんな事が起こるんだろうか・・・。
この辺は過去のストーリーを読まないとわからないようだね。

誰にでも低姿勢なウォルターがめずらしく「えじゃありません」なんていうからすごく気になる。





image
本番を前に緊張しまくりのカレン。
ぜひ、騎士団の部下を引き連れて応援に駆けつけてあげたいものだ。




で、あの、告白の練習はどうなったんですかね??




image
今回のボスはウィッチ。
そのまま魔女だね。


ストーリーにまったく絡まないボスというのも割と珍しい。
こういうのも有りだね。

でもストーリーがかなり面白くないとだめだけど。
今回はストーリーに比重が大きかったので敵はサラットした感じで大丈夫だったように思えた。





image
マリオネットタイプでスキル使うと逃げやがる。
しかも鏡がないからワープ封印できないし・・・。


通常攻撃で倒したよ。







image
で終わっちまった・・・。

あれ?
告白パートは!?









image
ちゃんと残っていました。
ここか。
ここが告白パートだな!!!







まずはカレン。

image
最悪の棒読み告白を披露。
ビジュアル、ハスキーな声といいものを持っているが演技力が最悪。
はやく練習していい感じになって欲しいものだ。




次はティナ。
image
告白の後のテレが至高だった。
さすがティナ。
よくわかってらっしゃる。






次はウォルター。
え?ウォルター!?
なんでオマエも!?


image
しかもステージがこれでもかってくらいこっているんですが。
なんだこのダサいオープンカーはw

そして、どこかのオフィス街にあるおしゃれなライトアップした公園で待ち合わせ。
さすがウォルター。



image
告白もサラッとこなす。
おまえ演者ちゃうのにな!






つづいてレーラ。
image
ステージが凝っている。
戦うのはやりづらいが、テンションが上がるのは間違いないよね。
ボス戦の前とかにこういう階段とかあると否が応でも気持ちが高まるものだ。




image
いい感じだと思っていた告白だがクズ主人公がなぜか怒る。
オマエしゃべらないくせになに偉そうに評価してるんや!



image
お色気モードが入ってたらだめらしい。
いいと思うけどね、それもレーラだしね。








つづいてなぜかオレリア。
image
キャストじゃない奴らのほうが上手に告白をこなしていく。
これは総入れ替えでいいんじゃないのかな。





次にコヨミちゃん。
image
タローが興奮してしまった。
しかし、コヨミ自体は上手に告白できていたのではないかと思う。

ただ、コヨミの年齢やビジュアルを考えるとちょっとセリフなどがおとなびており似合わなかったかなとは思ったけどね。
このへんはキャトラのミス。




そんなこんなで

image
ミッションコンプリート!!!

ってノーマルだと!?




ということは・・・・。



image
やべえw
Hardもあったのかよ!!

ストーリー一段落したのにまだあるとは思わなかった!!!
急いで攻略してクリスマスにはきっちり間に合わせなくっちゃな!




しかも天使と悪魔イベントも来ているしね。
こっちは。。。正直女の子キャラ引けていないのと、女の子キャラがちょっとなんていうか苦手なキャラなのであまり乗り気になれない。

あの、「っしゃおらー」とかいうキャラもちょっと毎回痛々しいなあと思ってみているので、こういう女性がちょっと汚い言葉遣いするタイプのキャラはまぁぼは苦手なのです。

基本的にメガネ。
委員長タイプが好きです。