まぁぼの白猫研究所

2016年4月13日スタート。 ガチャの様子やイベント攻略の様子などをお届け中です。 ネタバレ多数含む記事になるのでストーリー楽しみな方は注意してね。

カテゴリ: 【Brave the Lion2】

image
ダグラス2が終わった。

最後はかなり苦戦したけれど、まあもう慣れているからね。



ストーリーは、最後はなんか主人公側に余裕がある感じで、安心して見れていた。
もうなんかnormalクリアの時点でヨーゼフはオワコンになってた感じはするね!!!



image
けなげなミレイユに癒され




image
まじめなヨシュア(笑顔がかわいすぎる)に癒され。



image
カティア様のデレでとどめを刺されて。


この3人の絡みはすばらしかった。
カティア様にはぜひまた限定キャラなどで復活して欲しいものだ。





image
メアの変態衣装もだんだんと見慣れてきたし、バイパーさんのふざけた感じ「のみいく?」とか出てて、茶熊のときのバイパーさんが見え隠れしているのも楽しめた。
メアけっこう可愛いのに、茶熊ではめっちゃ印象薄かったなあ・・・。
なんでやろ。
まわりが限定キャラでキャラが濃い奴らが多すぎたのかな。
それともボクが引けてなかったのであまり注意して見ていなかっただけかもな。






まあ、途中ケチはついたものの楽しく終わらせたのでいよいよダグラス3に挑戦できるよ!!




その前に、九条霊異記のルーンがまだ全然なので、そちらを集めないといけないのだけれど・・・・。
 


本当はダグラスがミーチャのクローンであったことに途中で気づいて、鳥肌モノの衝撃を大げさにブログに書きたかったところだけども、すでに知ってしまっていたので淡々と書くことにする。


image
いよいよ中央の研究所本丸への道に進む。


マリを使って当時の難しさとかを味わいながらやるのもここで終わり。
さっさと強いキャラで急いで攻略する!



image
ダグラスに興味があまりなくなったのでもっぱらカティア様を愛でて楽しむ。

やっぱりカティア様は素晴らしすぎる。
理不尽な怒り、素晴らしいです!!



image
今回もっとも素晴らしかったやり取り。

ヨシュアが真顔で言ってそうなのが非常に笑える。
ミレイユだけがまともなんだけど、ツッコミがよわくってボケが垂れ流し状態のこの三人。

しかし、場合によってはミレイユも暴走するからなあ・・・。



image
さすがのカティア様。

こんかいあまり役には立っていないけれど、ヨーゼフに厳しいお言葉。




image
キレつつなんとなく根が優しい感じを上手に出してくるカティア様。
ツンデレなんていう古く、ありふれたデレではない、キレデレ?






クエストの方は。

image
まあ基本突っかかるところもなく・・・・。


うん、かんたんだった。
ブロック動かしたりするのはめんどくさかったけどね。

ただ、あとからかんたんだった理由を知ることに。




image
なかなかの悪人のヨーゼフ。

やはり悪役は徹底的に悪であるほうがボクはいいと思う。
ヘンに改心したり、悪と正義どちらにも主張があるみたいなのはいらない。

正義サイドに立ったからには、悪は徹底的に悪でないとね!!
いいぞヨーゼフ!!!
やる気出てきた!




image
ダグラスでダグラスと戦い。
なんだか兄弟で遊び回っているみたいになっているが。

image
予想通りにダグラスとダニエルが合体。
まあ、これはにこにゃまでわかっちゃったからね。

ダニエル頑張ったな最後。





image
そして、ミーチャとの戦い。
瘴気の魔人がでてくるとおもってたら、ミーチャは最初はちゃんとミーチャなんだ。
このイベントのためだけのグラフィックになるのかな?

かっこいいね。






そして、ミーチャを倒して、ゲームクリアと思ったら。





image
まさかのHardがあるとはw


まじかあ。
今までのやつもう一回やっていくのか。


さっさと終わらせようと思ってたけど結構ボリュームがあった。
これで折り返しかな?


さあ、あと半分頑張って終わらせなきゃ。
もうすぐダグラス3が始まっちゃう。









 

今回はなかなか考えるところも多かったので画像も多くなっちゃった。
ごめんなさい。
知っている人にとっては退屈なだけだけど、いっぱい貼らせてもらうよ!




 image
怪しい変態3人組が暗躍する東側の攻略が終わったので、今度は西側の攻略へ着手した。





image
いきなりずいぶんとキャラが濃そうな人が登場。


か、かわいい・・・。



あれ・・・天才科学者・・・?



image
そしてオズマ登場。
お前さっきまで東にいたんじゃなかったっけ?
いつの間に移動したのか、それとも時系列がずれるのか。

まああれか、このステージってどっちからでも始められるから、どっちが先に始めてもいいような感じになってはいるんだろうね。

重要なのは、オズマが退魔士の連中と、このカティア様と両方とつながりがあるということ、だろう。



image
カティア様ってば「永遠の十代」とか言い出して・・・。
そのセリフ、30代を超えている人しか使わないですよ・・・。


ずいぶんと可愛いキャラだなカティア様。
しかし、茶熊とかにいなかったところを見ると不人気だったのかなあ・・・。
また登場して欲しいなあ。





image
ヨーゼフ。
こいつが黒幕かな?
オズマの目的がこのヨーゼフを止めることらしい。
こいつとダグラスを連れてきた貴族と同じなのか関係があるのかどうなのか。


しかも100歳をこえているらしい。
ほっとけば勝手に死ぬんじゃ・・・あ。

そうか、「ダグラス」か。

言ってたもんな「寿命が延びた」って。
ヨーゼフってやつはなにかしら自分も合成して寿命を延ばしているに違いないわ。



ところで、カティア様。
昔ここにいたってことは、東館に昔いた女性研究者ってのがカティア様なんだろうね。たぶん。
だとすると、あの研究所は30年前くらいに放棄されてたはずなんだけど、一体御幾つの時にここに滞在されていたんでしょう?


そして、どうしてこの研究を手伝わされていたのか。
この悪魔の研究になぜ手を貸したのか。
無理やりだったのか?
そして、どうして今は解放されているのか。
滞在期間は1年ほどだったようだが。
当時「分ける」研究をしていたのはなぜなのか。


カティア様も気になることが結構あるね。






そして、双子が登場する。
image
image
ミレイユー!!!!


ミレイユはボクが2番目に引いた★4キャラなのだ。
なのでハルカの次に思い入れが深い。
しかも当時はカッコいいカイザーフェニックスで茶熊イベントで活躍してもらったんだよね。
あと声がかなり好き。


カティア様が「被験体」とおっしゃっている。
ということはこの子たち、合成の研究に使われた子供ということになるね。



ここから過去の回想が入った。
image
わかかりしカティア様。
ぶっさ。
今の方が可愛いですね。


ヨシュア、ミレイユの二人との出会い、かな?
image
神獣が混ぜられている・・・。



そうか!!!
ってことはミレイユのあのカイザーフェニックスやなんかたまに羽生えてるのは鳳凰かなにかと合成させられていたのか・・・・!
ミレイユすげえ・・・。
かっこよすぎないそれ。


もう一人の男の方は、まあ、もってないし、茶熊のストーリーでかなりつまらなかったんでどうでもいいや。

image
この時に、この研究をつぶすことを決めたらしい、オズマとカティア。
オズマはこれまでその準備をしていた、と、そういうことなんだろう。
そして、そのオズマが「手紙」をカティアに送ったってことは。


「時が来た」ってことなんだね。



いいね。
楽しみになってきたよ。


image
あれから三年。



うーん。

いまんとこ分かっている時系列を並べておくか。


50年前・・・ヨーゼフの組織がこの島に登場。
30年前~20年前の間・・・カティア様が研究をしていた。1年間ほど。
3年前・・・オズマが双子をカティア様の元へ

って感じか。
ってことは少なくとも3年前まではここでバリバリ研究がおこなわれていた。
しかし、なぜか現在は破棄されている。
ここ3年で何かがあったってことだね。


image
そして、オズマはまたどこかへ。
変態たちのところへもどったのかな?





そして、施設を破壊する?ために進むカティア様とそれを追いかける双子ちゃん達。

image
力になりたい、とカティア様にまとわりつく双子に対してとても冷たく当たるカティア様。

「見損なった」
とかなりきつい言葉も浴びせる。



image
しかし、言葉の節々になにか優しさのようなものを感じるのは気のせいなんだろうか。



image
まだカティア様が昔ここでなぜ研究をしていたのかが分からないから何とも言えないが、このセリフを見る限り、カティア様は口の悪さとは裏腹に優しい人みたいな感じがする。
施設で隠し部屋で「分ける」研究をしていたりしたし、この人は本質は悪ではないんじゃないだろうか。




大切なキーワードみたいなもんばかり話すもんだから、ストーリーのツッコミばっかりになっちまった。
ステージの方では。
image
ミレイユのフェニックスが大迫力すぎてびっくりした!!!
なんだこのカッコいいスキルは!!!!

これは当時めっちゃ人気が出たんじゃないだろうか・・・。
茶熊のカイザーフェニックスよりも豪華なんですが。


image
見た目とは裏腹に巨大な鳳凰を呼び出し?
優雅に一回転した後に

image
敵をなぎ倒していった・・・・!

なんだこれ強すぎるしかっこよすぎるし、かわいすぎるし、いろいろ反則だろ!!!!



やべえなカイザーフェニックス・・・。
逆に、なんで茶熊のミレイユは微妙にちっこいフェニックスになってたんだろうw





image
ミレイユは鳳凰、ヨシュアは龍と合成されていたんだね。
設定的に中二すぎて、すばらしいです。





image
それでもまだ冷たく当たるカティア様。
手に入れたのは自分たちの力ではない、信念が重要みたいなことをいう。


が。


imageimage
なぜか、カティア様の下僕になるということなら認めてもらえてしまったヨシュア。



そして
image
image
やたらと適応が早いヨシュア。

ヨシュアは意外と面白いキャラだったんだね。
茶熊の時はあまり分からなかったけれど。
カティア様に一生懸命仕える様子はなかなか可愛い。





後は重要キーワードをいくつかメモ。
image
image
image
image


マジか・・・。
これってあの変態三人組のこといっているんじゃないのか。

この西館で研究されていたのは武器や兵器。
そして、それらは闇を吸収し、放出する機能を持つらしい。

チェーンソーやのこぎりといえば、メア達退魔士が装備していた武器の形状のことだ。
しかもあれらの武器、たしかにちょっと禍々しい感じがしたなあ。
見た目もどっちかというと悪役向けというか、トゲついてて紫で。



それらの武器は一見滅したように見せかけて、闇を集めるための武器だったってことか?
退魔士は闇を集めて回る組織?
それとも、そうとは知らされずに闇を退治しているつもりが実は闇を集めさせられていただけだったとか?





image
そんなこんなで終わった西側。

東側はカティア様の昔の研究施設。
西側は(おそらく)退魔士たちの武器をつくっていた施設とその秘密。

いよいよ次は中央を進んでいくので物語の本筋に触れられるのだろうか?

なかなか分かりやすく伏線を張ってくれており、非常に読みやすい。


この続きも気になるのでどんどん進めていきたいと思うよ!!!










 

今日もダグラス2を攻略している。
ダグラス3の発表から予告が出たり、明日はニコ生の発表があったりとダグラス3の開催が近付いているので急いで攻略しちゃいたいのだ。
ホントはゆっくり楽しみたいんだけどね。。。


image
いきなり変質者の女の子が登場。
あれ?この分岐ルートは別のキャラのお話になるのか。


はは~ん。
なるほど、これはソウルオブナイツ形式だな??
この他の無理やり絡んでくるキャラたちは別枠ガチャキャラだろう!?そうだろうw

メアはどっかで見たことあるしな。
つーかこの半裸衣装は完全に・・・・


image
もう一人変質者が増えた。
バイパーだ。

ボクは彼を知っている。
茶熊学園でなかなか一人で面白い事を言っていたやつだ。
武器はたしかカメラ。
カメラで攻撃するバイパーってイメージだったんだけど、趣味は「刻む」事らしい。
やっぱり・・・



image
兵隊が変態に聞こえた。

だって、全員そろいもそろって夏コミにでてくるコスプレイヤーのようなきわどい衣装なのだもの。
つーかセラはパンツはいてんのか?

もう変態が3人集まっているだけじゃないか。
これから一体何をしようというのか。



image
この子たちの装備がやたらと物騒。

なんかあやしく光っているし、どれもトゲが付きまくっている。
ルーンなんたらっていう武器。

ルーンをこんな使い方するなんてなんて悲しい人たちなんだ。

ルーンは使い方次第では人類を幸せにしてくれるというのに!




image
東方面にある村は50年以上前に滅んだらしい。

ってことはおそらく、この研究施設がつくられたのがその50年前ごろってことだろうか。
さすがにあまりよろしくない研究施設があるのに、のうのうと村人がそこで生活するわけにもいかないだろうからね。
もしくは、研究所関係者が住んでいた村というのなら逆に50年前に研究施設も滅んだことになるが・・・。

そのあたりはダグラスとねーちゃんにちょっと時系列きかないとわからないな。





image
この3人も仲がいいのか悪いのか。
バイパーとセラの変態二人が上司でしかも退魔士としてベテラン。
メアの変態はまだ経験が浅く下っ端ということらしい。

露出度ではメアが一番なので、経験を積むにつれて露出が減っていくのだろうか。
であれば、メアにはずっと下っ端でいて欲しいものである。




image
つづいて、おくの研究施設(東館)にたどり着いた。

ここは意図的に廃棄されているらしく、20~30年前に廃棄になったようだ。


ってことは、先ほどの村との時間のかかわりを考えると
研究者たち?貴族たち?が50年前にここにきて、30年前までくらいの20年間くらいここで研究をしていたことになるってことでいいのかな?





image
そして、この研究施設では生命と生命をかけ合わせる新たな魔獣をつくる研究をしていたらしい。

そんなに驚くようなことなのだろうか・・・。
この世界にはすでに半獣やら変身能力者やらがいくらでもいるわけで、そんな合成生物に対する嫌悪感のようなものはあまりなさそうな気がするんだけどなあ。




image
ステージは地下の遺跡のような場所を進んでいく。
まあこれも相変わらずというかいつもの感じの遺跡だ。




image
image
ちょっと大切そうなセリフを抜粋。

今回は退魔士として組織で命令されてきたのではなく、このバイパーとセラの二人の変態が提案してきている、ということで、メアは何をしに来たのかすらわかっていなかったようだ。


メアのいうことがいちいち正しい。
もったいぶってないでさっさと目的をメアに教えてやれよ。と思った。

なーにが「自分で考えろ」だよ。
ちゃんと説明もせずに、メアが失敗したらどうすんだ。
そのときはちゃんと責任とれよ変態!
メアちゃん悪くねえからな。




image
なんとなくわかってきたぜ。
退魔士ってのは「混沌」とたたかう一族?のようだ。

まあ、「混沌」とか「まがこと」とかいうけど、要は「闇」だろ?w


はいはい。
闇闇闇。
闇のせいだよぜーんぶ闇。

だからあの主人公をさっさと殺してしまおうぜ!
あいつ闇の王だから!!





image
後半に、オズマという、ルパンの爪の垢を飲んだようなキャラが登場。

あからさまな軽い感じ。
どうせ、こういうやつに限って強いんだよ。


ボクの嫌いなパターン。
バカみたいなキャラなのに強いとか。
あほみたいな言動で周りのいうこときかずに突っ走るタイプのキャラ。
超嫌い。
エシリアの事ね。





image
と、思ったら・・・。
オズマさん超弱かった・・・。

「オレ、寝るわ」

とか言い出すから、何事!?っておもったら開始早々敵にやられてしまった。
お前マジかよ。
あんだけかっこつけたうえに、装備もなんかアームスーツみたいなの着てるのにそんな弱いのか!?




image
研究施設は30年の間放棄されていたのだけど、割とその時の様子が残っている感じがする。
戸棚には大量の薬品が並び、机の上には科学の実験セットでつかうようなカラフルな液体の入った試験管。




image
あわてて放棄したのだろう、資料などが散乱していた。

普通、こういう秘密研究をしている組織が廃棄される時は全ての資料が徹底的に廃棄されるんだが、いろんなところに大量の手がかりが残っている。
これはあわてて蜂起することになったことに他ならない。

一体30年前、この施設で何が起こったというのか。



image
しかも、あちらこちらにはその時研究していたらしい、合成魔獣が培養ケースの中から飛び出てくる。

驚きのあまり失神してしまったオズマ。






疑問は尽きないが、いろいろと調べていくうちにノーパン・・・セラがここの研究所には女性がいた事、隠し部屋がある事、そして

image
隠し部屋では合成された獣を分けるための研究がなされていたようだ。






なるほど、研究者たちも一枚岩ではなかったようだな。






まあなんとなく予想すると、悪の組織(貴族?)に女性の天才研究者(ティアーユ博士みたいなやつ)が無理やり合成魔獣の研究させられていたんだけど、その女性研究者は良心があるから分解させる技術をこっそり研究していたってことだろうか。
まあどうせそれがばれてどこかに幽閉されたか殺されたか、クスリでも打たれたか。



まあこんなとこだとよそうだw
ずいぶんとひねくれている気もしなくもないがw





image
そんなこんなで半裸集団との東館の捜索が終了。

次は西の方の建物について攻略していこうと思うよ!!

つづく。




 

いよいよ伝説のダグラス2ことBravetheLion2イベントに着手するよ・・・。
白猫の中でもトップクラスというか一番人気なダグラスイベント。
1と2を一気に楽しめるっていうのはありがたいのでストーリーを忘れちゃわないうちにどんどん進めていくぞ!


image
攻略自体は、もうずいぶん古いものなのであっさりと行きたいと思うよ。




image
ダグラスの手助けをする主人公一行の場面からのスタート。
主人公は口だけは立派なのはこの頃から変わらないようだ。
つーかそんなセリフいってんの?あいつ。



image
なるほど、前回のダグラス1では触れなかった、ダグラスを改造した貴族の一味の施設を潰しにきたわけだ。
いよいよダグラスの能力の秘密などがわかるわけだね!



image
しかし、前回随分と足を引っ張ったネーチャンがまたついてくるらしい。
また人質とかなったり、ネーチャンをかばってダグラスが怪我したりとかそういうことならなけりゃいいんだけどな。
おとなしく、飛行島あたりでまってくれてれば一番ありがたいのにね。



image
そして、おぞましい主人公×アイリスの絡み。
いらねえよ!それ!!

おまえらマジで場所わきまえろよ。
キャトラが大変な目にあっているときも観覧車の中でいちゃこいてたり、ほんとなんなんだ。




image
その「施設」とやらでは合成魔獣の研究がなされていたとのこと。
ってことはダグラスも何かしらの魔獣と合成されちゃってるわけだ。
だから、瘴気を吸っていないと生きていけないし、髪も伸びれば寿命も伸びるわけだね。






image
そこへ唐突に現れたダニエル。

見るからに怪しい。
なぜかダグラスと同じ見た目。
そして、自分のことは教えてくれないのに質問はしてくるという、最も鬱陶しいキャラだった。

ダグラスの言うとおり、こんなやつ放っときゃいいだろうに、ネーチャンがまた余計なこと言って連れて行くことに。
絶対コイツ怪しいし、連れて行かない方がいいに決まってるのに・・・。
連れて行くことになったってことは何かしら後半で余計なことするんだろうなあ・・・。




image
ステージの方は出てくる敵もステージの背景も普通のステージと変わらないので割愛。






image
ダニエルがなぜかダグラスの口癖をはく。
ダグラスと面識はないはずなのに口癖をはくとは、もう完全に何かしらの関わりがあるってことか・・・。
クローン?

ダグラスと何かを合成したってことか?
見た目が同じなのに、その詳細をはっきりさせないままパーティーに加えるって本当に狂気の沙汰だわ。
そういうのに突っ込むのは野暮だけど、ちょっとありえないぜ皆さん。



image
そして、ダニエルは瘴気を吸わなくても大丈夫。

これはダニエルがダグラスのあとに作られた最新型ってことなのか。
それとも、ダグラスが闇、ダニエルが光てきな対の存在なのか。

気になってきたね。
おまえら登場人物はきにならないのかそれw



image
ん。
アイリスは何か引っかかったみたいだね。

なにがヘン?
つーかぜんぶヘンなんですが?w


ダニエルについてなら、こんなところで一人で生きているのもおかしいし。
服が汚れてないのもおかしいし、服がなにかしらの拘束具?か実験用の服ってのもおかしいし。
何よりダグラスと同じ見た目なのがおかしすぎるしそんなの普通受け入れられないし。
見た目がそっくりなのに面識がないのもおかしいし。
一番おかしいのはおまえら主人公一行だと思うんだけどな。






image
そうこうしているうちに物語が中盤へと進み始めた。
なんと道が3つに別れてしまった!!!

こういうの嫌なんだよなあw
一番楽しみやすいルートは・・・・




image
やっぱり番号順に行くのが一番だよね!!


よし、まずは右のルートから攻略していくぞ!



つづく。

 

↑このページのトップヘ