まぁぼの白猫研究所

2016年4月13日スタート。 ガチャの様子やイベント攻略の様子などをお届け中です。 ネタバレ多数含む記事になるのでストーリー楽しみな方は注意してね。

カテゴリ: 【Brave the Lion3】

ダグラス3の攻略をこの日曜日でようやく終えることができた。


image
ちょっとうるさすぎたキャトラもちゃんと反省していたし許した。



image
今回のモニュメントは割りとわかりやすく、あとから回収したのは3つほどだったかな?
あとは普通にプレイしつつ回収できたよ。




image
ボスのアルラウネ(ルエル・サクラリッジ)と何度戦ったことか・・・。


つーか誰か身近なやつが死ぬからのレストインピースかと思っていたらちがったんだねw
ルエルはもう救いようがないのでいちいち同情しても始まらないし、さっさと殺してやるのが良かったと思う。
会話してもお互い何も得しないしね。




image
最後のダグラス&グレイヴ縛りにはちょっと苦戦したけれど。

最初はグレイヴだよりで、ジャストガード&スキル2の繰り返しで倒した。
決まりさえすればすげえダメージがでてすぐ敵を倒せるんだけど、ジャスガ失敗したらもうだめで、何度かやり直したよ。





image
そして、ダグラス用の石版も入手!!
500%上がるってすごいな、と思ったけど、逆に言うとこの頃のキャラとくらべて今のキャラは5倍位強くなっているってことになるのかな?

もっとかな?

昔知らねえからよくわかんねえや。






image
最後は強くなったダグラスで。


新ダグラスならルエルの攻撃も食らってもすぐやられないし、ダメージもなかなか高いし、回復も楽だし、ここは楽だった。

3つのシークレットでは一番最初が一番鬱陶しかったなw






image
てことで遅くなったけどダグラス3が終了!!

ながかった~。
ストーリー、後半完全に蛇足で読まされるの辛かったし。
Hardいらなかったかもしれんね。

モニュメントも集めたので次はクリスマスイベントに着手しようと思うよ。

まずは2014のやつかな?
なんか配布キャラもあるらしいから楽しみにしてるんだ♪






 

ダグラス③もぼちぼちすすめてようやくノーマルを終わらせた。

image

意外と、というと失礼だけども、根幹のストーリーにからむ内容が多く楽しめた気がする。
少なくともストーリー読み飛ばしはしちゃいけない系のイベントだった。




 それでも・・・・それでもしつこく登場してくる主人公一味!!!!!


image
みんなが必死に戦っている中コレですわ。
お前らもう観覧車の中から出てこなくていいよマジで。



途中、グレイヴのクロエに対する憎悪みたいなのが意味不明すぎてなえかけたけど、カティア様の活躍や、バイパーの笑顔でなんとかモチベを保ち最終章へ



image





そこで登場するのが予想通りのエピタフ。
image
あまりにこいつを大物にしすぎて、他のキャラの設定どうするんだろう、というくらいなんかすごい人になってしまったエピタフ。


結構いろいろ大切なこと言ってたね。

エピタフは元人間なんじゃないか、とか。
元人間の騎士で姫様に裏切られて闇堕ちしたとか。

まあ、ね。
いつの世の中も男は女性に裏切られて成長していくものなんだよ。
特に24~7歳にかけての女性はすごいからね。
これまでの付き合いなど関係なく、ぽっと現れた30そこそこの経済力のある男にすぐなびくから。
大学生、および20代前半の男性諸君は常に彼女に将来性を見せておかないと、ずっと一緒にいてくれるだろうなんて思っていたら大間違いだから、ね。
愛情<経済力
というのはマジだから。
どんなにラブラブでも、ものの1ヶ月で終わるから。
これはもう本能だから。
まあ、どうせその後振られるんだけどね、そういうやつらは。
でも、結局その後適当な男捕まえて結婚とかして1年以内に子供産まれたりするから、そんなのにいちいちショックを受ける前にかっこいい30代になってそういう波乗り女に引っかからずに一途な女性をみつけて結婚することに心血を注ぐべきなんだよ、わかった?

エピタフもね、まだ若かったんだよたぶん。
もう少し「熟成」できてれば闇堕ちせずに済んでたかもしれないね。

※すべて個人の見解です
 

image
シュガーが意外にもこっち側?だったのか。
ガチャキャラなのに敵なのはおかしいなあなんて思っていたのだけれど。
闇の民、っていうだけで迫害されるこの差別世界を変えていくキャラとして頑張って欲しいものだ。




最も驚いたのはボスが本編に大きくからむ、ルエル・サクラリッジ。
image
この子も闇堕ちしたクチで、生まれつき病気だったせいで周りを憎んだのかなんなのか。
ボクはこういうところに「悪にも正義がある」とか「悪にも同情すべき点がある」というのはもうお腹いっぱいで、勧善懲悪物語が好きなのであまりルエルには同情はしたくない。

雰囲気に合っているアルラウネの姿と、豪華なステージはドゥドゥの時のような気合の入りっぷりでシャッテンシュピールは優遇されているなあという感じだった。
あの、巨乳のチャイナドレスは名前忘れちゃった。





これで、余裕をぶちかましているエピタフの手下もだいぶ減ってきたし、そろそろ新展開が望めるのではないだろうか。



次回からハードに突入するが、こちらではヒーロータイプが必要だとのこと。
これまえやらなかったダグラス③協力をプレイし

image
ルーンをあつめ。




image
ゲイボルグを最大まで進化させた。



これで準備は万端。
いざ、後半戦へ。
 

ダグラス3を少しずつ進めていくことに。


image
今回はカティア様が登場するっ!!!


ああ、やっぱりカティア様はイイ。



image
居眠りするカティア様というボーナスショットもあり。


カティア様、次いったいいつ復活してくれるんだろうか。
今回のダグラス3に入れても良かったんじゃあなかろうか・・・。




image
さらに、カティア様の魅力を引き出すべく、カティア様よりさらに年上のユーリエも登場。

ユーリエは手に入らなかったのであまり親近感はわかないんだけども、ルーグを可愛がるユーリエ様はなかなかよかった。



image
カティア様とユーリエとのやり取りで、前回のミレイユたちとのやり取りとはまた違った魅力が引き出されていく。
カティア様・・・女性は人気キャラが多すぎて茶熊入りも無理だろうし、今回も入れなかったとなると次は一体いつになるっていうんだ。



image
敬語を使うカティア様。
可愛すぎた。




中身ババアだけど。




image
そして、まったく役に立たないジョニーやバイパーと違い、的確すぎるアドバイスをくれるカティアさま。
まさかウニについてまでアドバイスくれるとは。



image
敵の種類、数まで性格に教えてくれるカティア様。
すばらしい援護能力。




ところで、今回はじめてルーグやシュガーを使ってみたんだけど、この人達めっちゃ強いね・・・。
普通に限定クラスの強さあるんじゃあないの??

これならふつうに400Fクラスは余裕で突破できると思った。


image
そしてさらに増える女性陣。
ルーグどんだけだよ、両手どころか両手両足に花じゃん。



image
アムシェルってあれか?
トライドルイベントの時に出てきたやつだろうか。

人魚といえば、トライドルイベントにもちょっとかんでた。
裏で経済を牛耳ってるって言ってたしね。




image
そしてまた登場するシャッテンシュピール。

つーかこいつら持ち上げられすぎなのではw
とくにエピタフって敵の3幹部の一人に過ぎなかったのに、いまでは万能の闇の大ボスみたいになっちゃってるし。

グローザ様が逆になんかしょぼい扱いになってしまっている気がするし、もう一人いた眼鏡のやつはめっきり見なくなったけどどこいったんだ??
なにしてんだろう?



image
そんなこんなでルーグのハーレム編が終了。



ちょっとダグラス3のキャラがほしくなったので追加でガチャシたくなってしまった。


ということで1500ほどのジュエルをぶち込んで
2016-11-24-01-54-39
クロパンチラ女神と



2016-11-24-02-03-38
オズマ&ショウ



2016-11-24-02-04-02
ファルファラをゲットしておいた。



ジュエルなくなっちゃった。
あとで武器も少し引かないとな・・・・。




クリスマスのガチャが近いってのにやっちゃったなあw
まあクリスマスは課金して引くしいいか。

 

ちょっと時間を空けてしまうと熱量がいっきにもってかれちゃうなあ。
白猫を始めたときに比べるとちょっと白猫をプレイするのがめんどくさくなってきて、しばらくプレイを控えていた。
モチベーションが上がった時にやればいいやって。



ダグラス③しかやることがないからダグラス③を終わらせちゃうのがちょっと躊躇されているうちにログインだけしかしてない!なんてなっちゃったので、こりゃいかん!と思い、ダグラス③を進めた。



image
とにかく勢いがあるストーリー。
ちゃんと音を聞きながらやらないと、けっこうつまらなくなりそうな気がする。

今のところはついていけているけど、けっこうノリと突っ込みについていくのが大変な作品だと感じた。





image
どのキャラもひと癖あり、笑わせようとしてくる感じ。
こんな斜めに構えて面白いものも面白くなくなるのでもっと素直に受け取るように努めているw





image
なんかキレ芸?っぽいのが多い気がする。


みんななんだか怒りっぽくないか?w






image
そして唐突な暴れ馬。


ここまではいい。


この唐突な暴れ馬は過去にあだち充先生が使われたこともあるし、この程度では驚かないんだけど、この馬にケイがのっかってどっかにいくのはさすがに意味不明だった。




image
そりゃバイパーさんもブチ切れるよ。


つーか、この時点でクビでしょクビ。




ケイが思ったより扱いが悪いというか、残念な感じだったのが残念。



しかし、逆に気持ちがいい事を言ってくれたのが
image
シュガー!!!



闇ってだけで敵認識する連中が多い白猫のキャラ達。
8島あたりでそれで痛い目にもあった主人公一向なのに、未だに闇=悪っていう認識で進めているのに非常に違和感を感じている。

シュガーさんがここで「黒の民」を主張したのはなかなかかっこよかった。





image
そのsugarさんは珍しく敵として登場!

いったいどんな強さなのか・・・!!!!





image
開始2秒・・・。
こちらは何もしないままsugarさんが倒れてしまった。

か、かっこわるい・・・。

ケイのフィールドはずいぶん優秀だな。





そして、なぜかここで通信しているバイパーはこの後「何があった?」とか言い出しているので、ストーリーのチェックはしっかりしていただきたい。



2016-11-16-18-13-19
白の王国が天空にあり、黒の王国が地上にあったのなら、いまの地上人はほとんど黒の民の末裔なんじゃねえのか?っていうね。






今日はここまで。


 

image
まず、序章を読んでみた。
ダグラス2とつながっている感じがしており、ダグラス2をしっかりやっていないと楽しめなさそうな感じがする。

そして、さらにディルムンというワード。
これは2周年イベントのソウルオブナイツイベントのことだね。
ってことはそっちもやっておかないとだめな感じなのかな??


てか、あの戦争、いうほどデカかったかなあ・・・w
なんか一部の兵隊が暴れただけって感じの印象しかないんだけども。




image
ケイが思ってたキャラと違ったことに衝撃。
もっと可愛いキャラかと思っていたんだけどちょっと残念。

まあこれから読んでいくうちに魅力的になっていくんでしょう。
てか、このふたり、兄弟なのね。


image
 しっかり絡んでくる、ダグラス2メンバー。
だいぶストーリーを読んだおかげで頭に入ってくるぜ。





image
今回の中核となるぽいのが「ネーチャン」ことクロエ。
実はエルフはエルフでもエンシェントエルフだったのか!(全然わからない!)

見るからにあんまりいいやつじゃなさそうなドワーフの王デルガド。
こんなん絶対悪役。しかも小物。
もうちょっとデザインちゃんとしてくれないと!!!




image
いよいよダグラス3攻略開始だぜ!!!

まだまだ時間はあるし、じっくり楽しませてもらおうかな! 

↑このページのトップヘ