まぁぼの白猫研究所

2016年4月13日スタート。 ガチャの様子やイベント攻略の様子などをお届け中です。 ネタバレ多数含む記事になるのでストーリー楽しみな方は注意してね。

カテゴリ: 【Wings of Hearts】

さっさとクリアしてしまえばいいのに、レインの声がなかなか好きなもので(声優さんは知りませんが)ついつい読みながらやってしまった・・・。


クリアはほぼマフユと斧シャルロット。

水を吸収する敵が結構出てきてたのでそういうところは斧シャルロット。
後半の強い敵も斧シャルロット。


image
こういうボスブっ倒す時はほんと気持ちがいい。


このレインタイプの一撃で高火力が出るスキルはいいね。
シンプルだし使いやすいし。

レーザーを揺らすのも強いんだろうけど、上手く出来なかったりするからさ・・・。





image
 ボスが一撃とかで倒せたりすると気持ちがいい。




しかし。

こないだ一回記事にした通り、まだ覇装の使い方がぎこちない・・・。
あまり覇装を使おうとすると不意打ちくらって転倒するし、バスタースピンとか敵の攻撃を回避とかばかりしていると覇装が全然攻撃してくれないし・・・と。
このあたり、上手く使いこなせたら斧シャルロットはほんとに強いんだろうなあと思うよ。








image
 てことで天使と悪魔も何とかクリア。




次はオーバードライブが待っている・・・w
まだ手つかずw




合間にシェアハウスやっているんだけど、やればやるほどやばい・・・。
なんかバイトを相当やらないといけないみたいだし、建物が育たないとストーリー進まないし、これ、ちゃんと時間かけないとクリアできないタイプのイベントなんだね。

正直焦っております・・・。



あ、やることいっぱいで正直楽しいですw
 

いつかガッツリやろうと取っておいた天使と悪魔イベントことWingsofHaerts。
やってきた。


image
序章みるかぎりつまんねえだろうなあ、と。
レインはまだよくわからなかったけど、ルカがねえ。
元気のいい女性は好きですがああいったからまわりはちょっと。 
あと、エルゴラムのしゃべり方が狙いすぎというか、ね。




まあまあ、ストーリーを読んでいきましょう。



image
おちこぼれ?の悪魔が少年をかどわかすためにやってきた。
少年の家庭環境は父と母が夫婦げんかするうえに、少年はいじめられっ子。

どこにでもあるような環境。
同じような環境の子供も多い事でしょうか。
お父さんお母さんは子供の前でケンカするのはやめてください。

ステージの最初がちゃんとストーリーのとおり部屋の中で始まったのはおもしろかった。

image
外に出ると、なんだこれw
パオ?!
遊牧民族か何かだったのか?




まあいいや。





image
今回レイン(悪魔)の行った最大の悪行がこれ。

まあこの店員も悪い奴だと思うけど、店バラバラにするのはちょっとやりすぎだよな。
あとでロニーは弁償しろ。
いや、ロニーの親、か。




image
そして、すでにデレはじめるレイン。
かんぜんにデレる予兆がここにあります。





image
中盤から登場する主人公一向。
こいつらが出るとテンションが下がるのは毎度のこと。
なるべくしゃしゃらない事を祈る。

つーか、そろそろ主人公に冬服着せてやってくれよ。


ルカが登場し、序章とかわらない異常な元気をみせてくる。
いいやつなんだろうけど「らーい」ってのがゾワゾワする。
聞いてて恥ずかしい。




この、なんていうかちょっとなまった美少女系キャラ?をみるとマクロスΔのフレイアを思い出すね。
はやってんの?方言女子。
ああ、そういえばレインもマクロスΔのキースの人だっけ?




image
エルゴラム登場。

いやあ、このひとネタ枠かとおもったらとんでもない。
ものすごい話術を展開する天才だった。




ロニーを懐柔していくんだけども、その話術はさながら凄腕のナンパ師のようだった。
image
まず、彼氏の悪口を吹き込む。
共通の敵をつくりだし、親近感を感じさせ相手との距離を詰めていきます。



image
先っちょだけ!
みたいな勢いで、ちょっとだけといい、重大な決定をさも大変ではないように相手を洗脳していく。
ホテルへ誘う時の常とう手段である。
なにもしない(なにもしないとは言っていない)




image
さらに共感。
これが女性にはかなりきく。
かわいそうな気持ちを分かって上げているよ!

そして「大丈夫」(大丈夫とは言っていない)
必殺技である。

なにも大丈夫ではないのに大丈夫という言葉をかけることで相手は安心してしまう。
さらに、ウマイ事やってあげる、と相手の問題を請け負うような言葉を発することで相手の思考を止めてしまう。
良く考えればだましている、と分かりそうな事でも考える事をこうやって停止させられるとだまされてしまいやすいのだ。
もうあと一歩である。





image
そしてとどめの二択。

なぜか他の選択肢がなく、しかも自分の思い通りの選択をすることがさも最善の策のように思わせている。
見事な話術トリックを展開。

本当ならば無限の選択肢があるはずのロニー(彼女)はすでに思考停止しているのでこのおかしさに気付かない。
そして、完全に誘導されているのに気付かないまま自分の意志で選択したかのようにホテルに入っていくことになる。


さすが悪魔の親玉だ。
みごとなこの話術は見習いたいものである。





当然ロニーくんに抗うすべもなく、エルゴラムに魂を売ることになるロニー。




image
途中のステージでウェンディゴが登場。
HPや攻撃力は抑えてあると思うけど、あの厄介なボスキャラがとうとう通常ステージでも出るようになったんだね。
打撃が効きにくいのが難点だったが、レインであれば超火力で突破できるので特に問題はない。


 

image
 そして、悪魔対天使のバトル開始。
ここでしゃしゃってくる主人公!!!


うざかったけど、レインと主人公の顔の大きさの差が笑いを誘ったので気分よく読むことができた。







image
 ルカのなれなれしいレインへのアタック。
やれやれ系主人公と突進系ヒロインの誕生である。






image
 ボス戦。
ソウルオブナイツの時のボスであるドラゴンが登場し、レインが事細かにアドバイスをくれるけども、レインで行くとアドバイスを聞き終わる前に倒してしまう。

レインお前強すぎるだろう・・・。
これで落ちこぼれだった(悪魔としては)って、悪魔どんだけ強いねん。


 image
あっさりと退却していくエルゴラム。
この人、また出てくるんだろうなあ・・・。
めっちゃ怖い人やん。

できればエピタフと戦って欲しいねw
どっちが上手なんだろうか。




image
 最後に心を開かないロニーにルカが挑むも失敗。

そりゃそうだ。
お前いきなり出てきて叫んでるだけだったからな。
ここでルカが普通にロニーゲットしてたらストーリー破たんしとったわ。




image
 理不尽すぎる説教をかますレイン。

お前、デレて恥ずかしいからってそれはないわ。
散々最初誘っといたくせに。

イケメンだけどナンパとかは失敗するタイプだな。
エルゴラムのもとでもう少し話術を学んだ方がいい。




image
しかし、最後までデレまくるレイン。

お前の・・・ダチなんだろうが。



くさーーーーーーーーーーいwwwwwww
くさすぎるwwwwww


くさいけどすばらしいセリフでした。





image
ボスはおなじみのバフォメットだったので魔族キラー炸裂させてさっくり倒しました。




image
最後の最後までデレつづけるレイン。

今回のストーリーはレインとロニーの物語だったね。
九条霊異記のように無駄にキャラが登場しなかったおかげですごく読みやすくわかりやすいストーリーだった。
これなら結構レインやルカに感情移入しやすく欲しくなるようになるのではないだろうか。
ルカがもうちょい、キャラの特異性のみでなくもうちょっとあれば完璧だったかも。




image
え?なにそういう関係になんの?
だったらちょっと考えるけど、レインお前そういうのいいの?

なにこれ、あーまじなにそれ。

おまえツンデレ悪魔なんだから一人でいろや。



うーん、このあと気になるな。
レインの思い出は読めるけどルカの思い出が読めないのがちょっと悔しいが、後日談みたいなのになるんかな。
あ、シアターでみれるんだっけか。




image

で、コンプリート。
二人ともけっこう人気が出そうなストーリーだった。
これは。。。。次回の茶熊学園、男女9人ずつでも足りないんじゃないのか・・・!?







 

image
ソウルオブナイツの懐かしい敵が出てきた。
こいつは確か、頭壊して、腹壊して、とかいろいろせにゃならんやつだ。

しかも職業もいろいろ使い分ける感じで。






image
実際はあんまり職業とかみてなくて、ただただ殴りまくっている感じ。
敵が1体なので、レインの分散ダメージが(たぶん)いい感じに入っているんだと思う。

あまりダメージの数字がよく見えないのでどのくらい入っているのかはわからないし・・・。





image
第2形態。
こいつは確かまず角を折る必要があったはず。





image
ここでもよくわからん間に敵が死んでしまう。
前に比べるとHPが低くなっているのか、それともキャラたちの火力が上がりすぎて倒すのが早くなっているのか。


ボクはまだ良くわかっておらず、ひたすらスキル2のスタンプを連打。
SPの回復がほぼ1発のチャージスマッシュで終わるところが素晴らしい。




image
最終形態。
やっぱり前回と同じく3形態あるんだね。





image
これもとにかくなぐる殴るw

image
ひたすらスタンプ。

ダメージはいってんのかなこれ。





image
一応ドラゴンに30%のアクセサリはつけているんだけど、どうなのだろうか。




なんか協力した気になって終了w

周回自体は楽しいのでお休みにでも倍書をつかって一気に貯めちゃおうかな!!
レインをいっぱい使ってあげないと、火力しか取り柄がないし、火力っていずれインフレで抜かれていくわけで、そうなるとレインくんいいと来なくなっちゃうと怖いから、今いっぱい使ってあげるのだ。


 

image
いまいち序章等を読む限りでは惹かれない。
けど、待ちに待った入替限定キャラなのでたぶんめっちゃ強いんだろう。


ということで引いてきた。





image
11連。
最近はダウンロードは見ないようにしている。
あれつまらなすぎるからね。。。。





image
今回最初の★4は被りのヴィンセント。





今回入替もそうだけど、フォースターもこれまで引いてこなかったので、あたらしいフォースターなんかはまだ1体も引いていない。
なので、わりと当たりキャラがいっぱい。






image
1体目。




image
クレア。
クリスマスのクレアももっているのでこれでクレアが二体になる。

メリドにつづいて、同時に2キャラ入っているやつになるのだろうか?
トレインをぶっ放せるはずなのでそれも楽しみにしたい。





image
2体目。






image
お?新しいキャラかな?

魔法使いだそうだけど、新しいフォースターは全然調べていないのでこいつがどんな能力なのかはわからないのだけど、使ってみようかな。







image
さらにクレアがもう一体被り。





image
★4が4体というなかなか良いスタート。
しかし被りも多かった。


新キャラとしては2体増えたことになるが、限定キャラは入手できず。






次。



image
最後の1体が金色じゃないとすごく萎える。
最後まで楽しみにできないからだ。





image
お?










image
あーちがったか。
すごい派手で限定キャラかと思ったけど、これもフォースターだね。






image
お?











image
これもフォースターか。


つーか最近白髪キャラ多くね?






image
次回の無限討伐に向けて、新し目のフォースターが増えることは喜ばしい事。かなw
完全に踊らされているような気がしなくもないけれど。






次。
image
モンストは確定演出とかあるけど、パズドラ白猫はそういうのないね。





image
おおおお?






image
おし。

限定ゲットだ。





image
本当は女の子のキャラが欲しかったけど、ぜいたくは言えない。
なんとか限定が引けたのは嬉しいぞ。





でもやっぱり女の子キャラがほしい。
どうせ女の子キャラが強いんだろうし・・・。
なんせ目玉の杖だしね。



ということで追加。

image

ダメぽ・・・・。

















で、レインを実際に使ってみた。
image
ビジュアルはまあまあカッコいい。
羽が特に。

女の子の方が良かったけれど。






image
スキルを使ってみたところ、おかしい数字が出る。



image
まだ分散ダメージというのがあまり把握できていないのだけれど、数十万が平気で出る。





image
時には数百万まで。。。。







image
火力に関しては本当に申し分ないと思った。






しかし、現状の★15はやはり難しく、そうとううまく扱わないと突破できない。
いくら火力があっても敵がいっぱい出てくると倒しきれないし、チェスナイト、ミノタウロスの多段攻撃を受ければすぐにバリアが消えてやられちゃう・・・。


まだモチーフがきていないから何とも言えないけれど、攻撃力特化より、防御とのバランスを重視するボクとしては、状態異常、回復がいまいちなところがすごく気になった。
前回がそういう防御面が完璧なセツナだっただけにね。



それより、やっぱり女の子が強そう・・・。


image
レーザーの属性ダメージが20万くらい出てるんですが・・・。
どんな武器装備させているのかわからないけど、モチーフでさらに属性ダメージUP系とかきたらすごい事になりそうだ。。。。





終わるまでにはもう少しあるのでちょくちょく天使ちゃんも狙ってみようと思うよ!!
それまでは悪魔くんをもう少しうまく扱えるように頑張るぞ。





 

↑このページのトップヘ